2008年03月21日

FIAT 500

こうした話しは、私が理由にならない理由を付けて始まるのケースが多いのですが、今回ばかりは違います。何の話しかと言えば、奥さんが FIAT 500 を見たいと言う話です。

私は、天邪鬼なので世間が騒いでいる、このパロディ企画のようなクルマ(←失礼)とは、少し距離を取っており、機会があれば見たいなぁと思っていた程度でした。今回、いつもと違うのは、奥さんが近所の FIAT ディーラーへ電話をかけて、現物があるか確認し、営業マンにアポを入れる段取りまで取り付けています。

ってことで、テンポ良く話しは進み近所のディーラーへ出掛けました。CITROEN C2 を購入時に、グランデプントも検討していて、何度か足を運んだディーラーだったので、営業マンとは顔見知りです。

fiat.jpg

「お久しぶりです」軽く挨拶をして、さっそく試乗車を見せて頂くことに。
ちょっとした間に、営業マンは CITROEN C2 をしげしげと観察していました。マフラーを Supersprint に変更してあるのを見つけて「へへ。マフラー変えてありますねぇ。\(^_^)/」って感じで、私が喜びそうなポイントを押さえながら話しが始まります。

試乗の機会を頂いたので、いつものように忘れないうちに感想をまとめます。

フィアット500 モデルカー 1/18 サンルーフ

続きは、以下で。
まずは、シートから。
CITROEN C2 と比較すると、サイズは小さめです。クルマのキャラクターからすれば、当然ですが、サイドサポートは控えめです。試乗車は、発表前の POP というグレードで、座面から腰の辺りまで赤、腰より上は白のツートンでした。パッと見の分かり易い色遣いは、さすがイタ車と唸ってしまいます。肝心のシート出来ですが、私の体格には合わず、長距離の移動は、確実に腰が痛くなりそうな感じです。帰り際、CITROEN C2 のシートに座った時に「あぁ...こっちの方が俄然良い」としみじみ感じた程です。

次に乗り心地です。
ベースは、New パンダなので、特筆べきところはありませんが、クルマのキュートな見た目から柔らかめの足を想像していたのですが、New パンダよりも堅めのセッティングで、路面の凹凸を情報として伝えます。可愛いクルマなので、もう少しマイルドなセッティングを望む人も居るかもしれませんが、私はきびきびした動きが好印象でした。

3 番目は、エンジンです。
試乗車は、1.2L の排気量ですが、想像したどうり活発的な性格の持ち主です。
デュァロジックのオートマモードで走っていると、4000 回転くらいまで勢いよく回って行き、シフトアップしていくシーンが何度かありました。そのデュァロジックですが、New パンダを試乗した時には、変速ショックが気になったのですが、少し改善されているような印象を持ちました。また、パンダにあった Eco モードもしっかり備えていました。
先程、エンジンが活発だと書きましたが、室内からは排気音を意識することなく、意外にも静かで、何も演出がなされていません。これから発売される SPORT は、情熱的な演出がされているのかもしれませんが、少し肩透かしをくらった感じです。

インテリアです。
いろいろとうんちくを並べても、このクルマ、見た目が 90% ではないかと思います。
その点、インテリアは 100% 満点の演出で、冷やかし程度に見に来たお客さんでも、すぐに虜にしてしまう程の魅力を持っていると思います。
造りは、New パンダと比較すると、ボタン一つ、ドアハンドルの一つづつが丁寧に造りこまれており、エクステリアを見てその気になったところを、さらに高揚させる雰囲気作りがされているように思います。ただ、今風のテイストが入ったクラシカルなデザインは、お洒落さんを決め込むには、分かりやすい表現だと思うので、ちょい、狙い過ぎ感はあります。

室内は、CITROEN C2 と比較すると狭いです。
同等のサイズのクルマで、これ程印象が違うのは、CITROEN と FIAT のクルマ造りに対する考え方が違う事が分かり、なかなか面白いのではないでしょうか。

最後に...
訪問したディーラーで、納車待ちが 30 台ほどあるそうです。人気のボディーカラーは白だそうで、この色だけ異常なくらい売れているそうです。この現象は、営業マンも非常に嬉しそうに話していました。

さて、この人気者ですが「欲しいか?」と聞かれると結構微妙です。
破綻が無い完璧な程の雰囲気作りは、名作映画を観ているようですが、一度、熱が冷めてしまうと、強烈な個性を持つクルマだけでに飽きるのが早そうな印象を持っています。また、クルマとして考えた場合、スポーティーな雰囲気を持っている方が好みなので、この部分も微妙に感じる部分です。
posted by Yasuo SOBAJIMA at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(2) | クルマ
この記事へのコメント
まだバリエーションも少ないですし、しばらく様子見が賢いかと思います、アバルトが日本に導入するかどうか・・・グランデプントアバルトも日本に導入されてませんけどw
Posted by サリオン at 2008年03月21日 16:54
サリオンさん、コメントありがとうございます。

>アバルトが日本に導入するかどうか・・・

訪問したディラーの営業マンは、500 のアバルトは、入りそうな雰囲気で話していましたよ。

この人気が先細りだと、土壇場で「無し」になるかもしれませんが...
Posted by yasuos at 2008年03月21日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12868101

この記事へのトラックバック

くちこみブログ集(くるま): ★フィアット(未分類) by Good↑or Bad↓
Excerpt: 「フィアット」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
Weblog: くちこみブログ集(くるま)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2008-04-20 17:17

チンク納車されました!
Excerpt: きのう、ようやく納車されました。 都内では注目度が高いです。
Weblog: フィアット500大作戦!
Tracked: 2009-02-13 07:40